医薬品の育毛剤などについての情報ページ

医薬品の育毛剤などについて

医薬品の育毛剤

育毛剤の中には薬事法も規定に沿って第一類、第二類、第三類に分類される医薬品が存在しています。

 

配合されている有効成分によって高い効果が期待できる順になっていますが、その分副作用のリスクも高くなる商品になります。

 

第一類に関しては薬剤師が対面販売できちんと情報提供を行って販売することが義務付けられ、第二類は薬剤師か登録販売者が情報提供をしながら販売をする努力義務が必要とされています。

 

そのため第一類と第二類に分類される医薬品の育毛剤は、薬剤師が常駐しているドラックストアでしか購入できません。

 

第三類については特に規定が定められていないので、薬剤師がいない販売スタッフのみで構成されるドラックストアでも購入可能です。

 

医薬部外品や化粧品に分類される育毛剤は、ドラックストアで普通に購入できます。

医薬部外品に分類される育毛剤には、医薬品の有効成分の働きと同じような効果が期待できる有効成分が配合されています。主に植物由来の有効成分が配合...

古い角質を強制的に剥がす方法にはピーリング化粧品やゴマージュを使ってケアしましょう。効率良く古い角質を剥がす方法は新しい皮膚の再生を促せます...

▲医薬品の育毛剤などについて 上へ戻る

医薬品の育毛剤などについて 先頭へ戻る