新陳代謝が衰えると古い角質が残りやすくなるの情報ページ

新陳代謝が衰えると古い角質が残りやすくなる

新陳代謝が衰えると古い角質が残りやすくなる

お肌は新陳代謝の働きで常に生まれ変わっています。

 

古い角質が剥がれて新しい角質が押し上げられるターンオーバーと呼ばれる働きによるものです。

 

細胞が活発に生まれ変わって成長する赤ちゃんの肌はみずみずしくて透明感があるのはターンオーバーが活発に行われているためです。

 

年齢を重ねると様々な原因でターンオーバーが行われにくくなり古い角質が残りやすくなります。

 

肌トラブルが頻発するようになった方はターンオーバーが正常に行われていないと考えられます。

 

ターンオーバーが乱れた原因を正して古い角質が残らないようにしましょう。

 

年齢を重ねるとターンオーバーの周期が乱れがちになるのはある意味生理現象でもあり仕方がない事ですが、日常生活によっては通常よりも若い年齢でターンオーバーの乱れを招く場合があります。

 

睡眠の質が悪い、過剰にストレスを溜め込んでいる、運動不足が続いている等の原因に心当たりがある方は注意が必要です。

 

食生活の乱れも大きな原因で、野菜や果物が不足しがちな方はビタミンが不足している可能性も高いです。

 

年齢のせいだけにせず、普段の生活を見直してできるだけターンオーバーを正常化させる努力が必要です。

▲新陳代謝が衰えると古い角質が残りやすくなる 上へ戻る

新陳代謝が衰えると古い角質が残りやすくなる 先頭へ戻る