育毛剤に使われている成分と副作用の情報ページ

育毛剤に使われている成分と副作用

育毛剤に使われている成分と副作用

髪の毛を成長させる環境を整える役割を担う育毛剤には、様々な成分が配合されています。

 

それぞれの商品によって配合されている成分が異なるため、成分の役割を知っていれば自分に最適な商品を選択できます。育毛剤によく配合されている有効成分をご紹介します。

 

医薬品の育毛剤の中で、配合されている有効成分で有名なのがミノキシジルです。ミノキシジルは血管拡張剤として高血圧患者のために開発された経緯があります。

 

血管拡張作用により頭皮の血流が改善されて、発毛を促す効果が期待できる有効成分です。

 

副作用としてかゆみやアレルギー反応、低血圧症、性的不能、不整脈、むくみ等の症状が起こる方もいて、稀に重篤な副作用を引き起こす場合もあるため、使用上の注意をしっかり守って使わなければいけません。

 

医薬品に分類されている育毛剤の中には、塩化カルプロニウムが有効成分として配合されている商品もあります。塩化カルプロニウムもミノキシジルと同様に血行を促進して、発毛を促す作用が期待できると言われています。

 

第三類医薬品に分類されるため、薬剤師のいないドラックストアでも購入しやすい特徴があります。

医薬部外品に分類される育毛剤には、医薬品の有効成分の働きと同じような効果が期待できる有効成分が配合されています。主に植物由来の有効成分が配合...

古い角質を強制的に剥がす方法にはピーリング化粧品やゴマージュを使ってケアしましょう。効率良く古い角質を剥がす方法は新しい皮膚の再生を促せます...

▲育毛剤に使われている成分と副作用 上へ戻る

育毛剤に使われている成分と副作用 先頭へ戻る