血管年齢が老化すると動脈硬化に繋がりやすいの情報ページ

血管年齢が老化すると動脈硬化に繋がりやすい

血管年齢が老化すると動脈硬化に繋がりやすい

ですが血管年齢が老化することで起こるのは病気だけではありません。

 

動脈というのは正常な状態であれば柔軟性が高く、血液の流れをスムーズにして体全体にきちんと巡らせる働きをして、栄養や酸素を運んで健康を保ってくれます。
ですが、コレステロールや中性脂肪の過剰摂取、不規則な生活習慣、飲酒や喫煙などによって血液がどろどろになると流れにくくなって血管を傷つけてしまい、傷ついた血管は固くなるため動脈硬化を起こして血管年齢が上がってしまいます。

 

つまり血管年齢が上がって老化していくと、血液の流れ自体が悪くなるため、肌に必要な栄養素も不足することになります。

 

そうなると肌のターンオーバーは低下しますし、新しい肌細胞の生成もされにくくなるので、肌の老化も引き起こされてしまうのです。

 

ですので肌の健康を保つには、スキンケアも大事ですが血管年齢を老化させないようにする必要もあるのです。

年齢を重ねていくたびに悩みになっているのが臭いの問題になっているような気がします。このようなにおいの問題を抱えたままにしておくと、自分だけの...

▲血管年齢が老化すると動脈硬化に繋がりやすい 上へ戻る

血管年齢が老化すると動脈硬化に繋がりやすい 先頭へ戻る