紫外線や毛穴の汚れなどが古い角質を残しやすくするの情報ページ

紫外線や毛穴の汚れなどが古い角質を残しやすくする

紫外線や毛穴の汚れ

メイク汚れや過剰な皮脂が毛穴に残っていると古い角質が排出しにくくなってターンオーバーも乱れがちになります。

 

毛穴の黒ずみが目立ったり、ニキビができやすい方は毛穴ケアを重点的に実施して詰まりを解消しましょう。

 

開いたままの毛穴を放置しているとすぐに汚れが詰まるため、しっかり引き締めるケアも必要です。

 

他にも紫外線の影響で肌を守ろうとして角質が厚くなる場合があります。

 

角質が厚くなると保湿ケアをしても保湿成分が肌の奥に浸透しにくいため、乾燥肌が悪化して更に代謝機能を乱す原因になります。

 

間違ったスキンケアを続けると古い角質を溜め込む要因にもなります。

 

古い角質が残りやすくなる原因は色々考えられますが、基本的には正しいスキンケアと生活習慣に注意して過ごしていれば過剰に心配しなくても大丈夫です。

▲紫外線や毛穴の汚れなどが古い角質を残しやすくする 上へ戻る

紫外線や毛穴の汚れなどが古い角質を残しやすくする 先頭へ戻る