加齢臭とタバコの関係は?の情報ページ

加齢臭とタバコの関係は?

加齢臭とタバコの関係は?

タバコと加齢臭には、強い関係があります。加齢臭の発生原因は、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化されることによって生ずる「ノネナール」という物質であると言われています。

 

喫煙により、このノネナールの発生が促進され、加齢臭の原因になっているというのです。

 

タバコのニコチンには活性酸素が多く含まれており、これが体内に取り込まれることによって脂肪酸の酸化を促し、ノネナールが増えて加齢臭の増加につながるわけです。

 

このタバコの煙に含まれる活性酸素は、体内に入るとそのほとんどが吸収されてしまいます。そのため、加齢臭だけでなく、ガンや心筋梗塞、動脈硬化など、多くの病気を引き起こす原因にもなります。

 

タバコのニコチンには他にも発汗を促進させる働きもあり、これが体臭を強くさせるとされています。また、タバコの煙には、活性酸素の発生を抑えるビタミンCなどの抗酸化物質の働きを奪う作用もあるため、結果としてノネナールの発生を促進させてることになります。

 

また、タバコの煙の臭いは、お酒を飲んだ時の臭いと同じように、独特のいやな臭いです。これが口臭となって肌の加齢臭と混ざって、加齢臭を強めることになるわけです。つまり、身体の内側からだけでなく外側からも、加齢臭を増加させる原因となっているのです。

 

タバコは以上のように、加齢臭の原因となることはもちろん、さまざまな病気を引き起こす元凶となります。喫煙の習慣がある人で加齢臭を気にしている人は、この際、タバコを止めるのがいいでしょう。

加齢と共に肌の悩みが増えてきました。なかでも一番気になるのが毛穴の開きです。いつの頃からそうなったのかは覚えていませんが、あるときメイクをし...

年齢を重ねると顔のラインがぼんやりとして肌質もパッとしない印象を受けるという方は典型的な顔のくすみが生じていると言えます。顔のくすみが生じた...

「最近顔色が悪いね」と言われたり、「チークの色が良く出ない」と感じることはありませんか?また、「お肌がごわごわしている」と手触りに不快感があ...

40代になってくると臭いでも加齢臭があります。そんな私も40代に入り2年後の42歳になったとき臭いを妻に指摘されてしまいました。若い時と違っ...

年齢を重ねていくたびに悩みになっているのが臭いの問題になっているような気がします。このようなにおいの問題を抱えたままにしておくと、自分だけの...

私は毎年夏が終わる頃になると二の腕ブツブツが目立つようになります。ブツブツとはどういったものかというと、白いニキビのような小さいできものがあ...

▲加齢臭とタバコの関係は? 上へ戻る

加齢臭とタバコの関係は? 先頭へ戻る